忍者ブログ
総天然色活動絵巻
プロフィール
HN:
レティさん
年齢:
9
性別:
女性
誕生日:
2008/02/04
自己紹介:
レティさんだよ!
ゲームやろうよ!


USTREAMのアカウントもとったよ!
パスはdat



ポプともID:0278-5005-8630
IIDX ID:2033-4871
どっちも飽き気味だしあんまり確認してない
レティさんボタン
ブログ内検索
レティさんスペース
25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おーっと気づいたら完結してたー!
というわけで全巻そろえたレティさんだよ

いやー面白かったねーレティさん出来上がった感想とか書けない子だから
面白かったねーって言うくらいしか無いんだけどね

最後の展開(特に日本番長との決戦前の集合していくシーン)は熱かったけど
あんまりネタバレしちゃいけない系なのかどうか知ったことかー

となると意外と書けることないね
お疲れ様でした

しかし死んだと思ってた人が次々とよみがえるとなんか笑えてしまう
PR
にんしんゲーム天国

面白いマンガ。
元は、ブログ

強烈な思想を前面に押し出す一方で、それは明確なキャラクタ作りだというストッパを常に掛けていて、故にそれが滑稽に見えて単純に面白いとかどうとかこうとか。

ゲームハード論争っていう比較的ふつーの人はあんまり興味ない(レティさんも本体が売れようが売れまいが割とどうでもいい)競争の中に生み出された強烈なキャラクタ付けを、どうにかこうにかしてしまったらいつの間にかこんな事になったというか

いやいやこの本なんで出版出来たの…?と思って出版社で調べてみたら、
あー、うーん、なるほどなー。まあどうでもいいか。ふつうに楽しむひとには関係ない関係ない…
と言いたい所なんだけど、実際こういうステレオタイプに描かれるひとたちがハード論争に加わって騒ぎたくなる気持ちはわからんでもないんだよなあというか。騒いだところで無駄なんだけど…無駄かな?

ただ面白いゲームを楽しみたい、
が、
いつの間にか、それを与える側と自分をすり合わせて考えるようになっちゃうんだよね。

何度も言うけれど適当にホメちぎってれば信者になりえるけど、アンチになるには相手を熟知してとにかく完膚なきまでにこき下ろす手法を確立しなきゃいけないわけで、その辺が歪んだダブスタを生む原因なんだろうなーとか結構寂しい事も考える。

さてこの本の残念なところは、やっぱりブログに載ってて本に載ってないネタだとか、ブログでのタイトルと本でのタイトルが変わってるところとか、ブログについてる記事本文が載ってないところとか、そういう感じのところ。
いいところはいっぱいあるから言わなくても十分じゃないかなと思うけどネ。

やっぱ結構色々うんちくが載ってて楽しかった。ふつーに勉強にもなった。
一番知らなくってスゲーと思ったのは、「エンディングまで泣くんじゃない」は糸井重里が考えたコピーではないと後に本人が明言した、ってヤツだった。

強烈な葛藤の中に生み出された本だけれど、やっぱりこの人は純粋にゲームが好きなんだなあと思う事がちらほら垣間見えて楽しかった。でもやっぱりかつてにんしんがセガ信者だった頃のエピソードとかは載ってた方が嬉しかったかなあと思うけど。
おめ任の方もいつかよろしく頼みますよ、とかいう感じで、適当にシメ。

宮ちゃんの方は何回も読み直してるんだけど、こっちは時々開くだけかな。
どっちも面白い本なんだけどね。
宮ちゃんの戯夢人生

マンガ。ゲームマンガ。
マガジンZだかマガジンGREATだか忘れたんだけどその辺で連載してたやつ。
マガジンGREATだったかな?これは2ヶ月に1回、6~8ページくらい連載してたのを、
足掛け10年ほど続けて原稿を貯めてついに出版されたコミックス。

なんせ2000~2009年の連載だから、
最初はPS2発売直前から、最後はPS3、Wii、Xbox360の新ハード群まで抑えて…

視点が強烈に偏っていて、だからこそ面白い。にんしんゲーム天国(次の記事で紹介するヨ)と似たような意味合いなんだけれど、ただそこに意味合いは違っていて、次のポストとあわせて読むといいんじゃないかなと思うんだけど(カウンタ増長狙い!)。しかしこのひとは強烈なまでのゲーマーで、過去を生き抜いてきて、それがうらやましい。

1ページ4段構成でギッチリセリフが埋め込まれていて枠外には注釈まであってほんとにまあなんでまあこんなにミッチリ情報を埋め尽くすんだというくらい読むのが大変なんだけど、思想のアピールの上に面白い描き方が乗っかっていて凄く楽しい。読んでて不愉快にならない。バランスがいいのかな。素敵なマンガ。

あとコミックスの半分くらいはクソゲーとかバカゲーの紹介してる。ごめん半分なんてもんじゃないかも。もっと多いかも。なんだろ。ゲーマーってのは自然とクソゲーやバカゲーに傾倒して行っちゃうものなんだろうか。などとラー油の事をぼんやりと思い出したりしてみたらラー油がなんか凄い事になってた。
レティさんはバカゲーとか好きだけどべつにゲーマーっていうほどゲームが得意なわけじゃないしなあ。ただ好きなだけだし。

静かに時を重ねて緩やかに生み出された本がこれで、それを読んで色々な事を考えられるならこういう本はいつまでも必要なのじゃないかなあと思う。よくある、他人の作ったコンテンツに乗っかって消費しているだけなんて言い方は非常に面白くないので、基本的にレティさんは面白ければ何でもいいやなあというのがまず前提で、つうか大体そうなんだけどね、ものごとの好き嫌いなんてファーストインプレッション以外で決まらないと思うけどね。
なんで面白くないのか、を他人に伝えるために、面倒くさい理由なんてのはあるわけで。
いや、もしかしたらここ前に言った事とダブスタしてるかもしれないんだけどね。まあ同じ事柄でも、面白いこととつまんないことがあるなんてのは当然のことで、
ええい面倒くせえな

どうも脳みそがまわんないなあ。まあこんな感じで。面白いよ。最近は面白い物にばっかり触れてるから、ここらでつまんないのを遊んだ方がいいのかな。

読み終わったー。ってのは数日前なんだけど。全十巻。

なんかあさりよしとおの集大成、って感じ。これで未完結のまま雑誌が休刊したらカールビンソンになりえたんじゃなかろうか。すいません適当ブッこいた

大体いつものあさりよしとおっぽい感じとしかいいようがなかったので、
うわーーマジ面白かったとか、
うわーー超難解過ぎて頭抱えた
くらいしかいう事が無かった
今日発売ってことなのでコミックス派のレティさんは本屋へ向かったのであった!しかし案の定2日遅れじゃないと入荷しないとか言われて、アタッマきたレティさんはサンデー立ち読みすることにした、

え、何これ、23区計画だけで終わんないの?
23区計画外の白学ランの番長ってなんだよ…
まだ続ける気なの…

イカちゃんはちゃんとレティさんのそばにいるよ

いやあ満足した
なんかこういう漫画が存在していると心から安心しちゃうレティさんだよ
朝一番で買いにいきました!

なんと発売から2日しないと書店には並ばないそうで
仕方ないので取り置きだけ頼んでみすみす帰ってきた
8日発売
これはもう買うしかないよね!
レティさんは侵略イカ娘を応援しています
Copyright c レティさんの冷蔵庫オンライン All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]